Thursday, June 21, 2018

Al Ain camel racetrack


古いフラッシュドライブを整理していると昔描いたでてきたので、のせておこう。




原画を手放してしまうと、

手元には、写真しかのこらない。

原画のサイズで、

印刷したものをのこしておくことができなかったのは残念。

いまは、原画とほぼ同じ品質で、

プリントできるジークレー印刷というのがあるらしい。


この町には、

そこまでの技術のある印刷屋さんがないのが残念。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
When I was tiding up a flash drive, I found out this painting which I painted long time ago.

Whenever I sell my works, only the photos of painting are left in my pc.
I've heard that these are print which have really high quality.
It looks like a original painting.
There  are no such prints company in Al Ain unfortunately.
I wish I could keep at least a print as a record.
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


Tuesday, June 19, 2018

Jahli Fort



 ジャヒリフォートも、18年見てきた。
もう、描くこともないかもと思う。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
I've been looking at the  Jahli Fort for 18 years.
I will never paint this again.
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

きょうは、UAE のビザのキャンセルのため、町のあるビルにいったかえり、
タクシーにのった。
珍しくブラックの若いおにいさんだった。
男の人には、変だけれど、
きれいで、
清潔感のあるおにいさんで、
どこから、来たのか聞いてみた。

ウガンダからきたという。
この国は、出稼ぎであふれている。

わたしたちも、
その出稼ぎチーム。

おにいさんは、この町で、10日目。
私が、この町で、10日目と言っていたのは、18年まえ。
2000年の夏だった。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
I got a taxi after visting UAE visa cancellation this morning.
The driver was a black guy. Normally taxi dirvers are from Fillipin.
I asked him where he came from.
He is young, beautiful and very \
He said he came from Uganda.
There are lots of people come here to work from abroad.

We are same as him. We came from outside.
Lots of people come and leave.

He said it is the 10th day in Al Ain.
I said same thing 18 years ago.

UAE visa was cancelled today finally.
I am posting my paintings into Instagram every day.
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Monday, June 18, 2018

Saniaya, Al Ain , UAE









出会いがあれば、別れが必ずくる。

永遠は、ない。

後、数日で、

18年間のアラブ首長国連邦との生活は終える。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
If there is a meeting, comes farewell.
The last day in UAE is coming close.
I've been here for 18 years.
My daughter was 5 month old, when we came here and she's turned to 18 years old now.
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

0歳だった、

娘は、18歳になった。


いまは、2年間の高校生活で、ともにすごした

友人との別れがつらくセンチメンタルninatterurasii.

イギリスでの寄宿舎での生活では、

いろいろあったというが、

多分、話してくれたことは、ほんの一部だろうと思う。

あからさまな差別をうけたり、

いろいろなことがあったらしいことはきいた。

日々、

強くなっていると

感心するばかり。



生まれたときにすでに、インターネットがあった彼女らの世代。

知りたいとおもえば、

すぐに何でも、知ることができる時代。

氾濫する情報で、おぼれそうになりながら、

生きていく時代なのだろうと思う。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
She learned a lot in UK not only academic parts, but also society.
She experienced discrimination and so many things. All experiences would not be waste for her future. I think she is getting stronger. She left for UK, when she was 16 years old.
Her further education is not clear yet now, but I think she will open another gate to grow soon by herself.
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------







Saturday, June 16, 2018

Mosque in Al Ain








アパートの契約というものは、大変なもの。

物件を、写真だけで決めた。

というのも、

なんと、申し込んでから、

アパートに入れるまで、

1か月もかかるというので、

帰国してからでは間に合わない。

ということで、

物件を写真だけで、決めた。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
It is not easy to get a contract of an apartment.
I had to decide without looking at the apartment which I wanted to get in.
Because the real estate company said it will take a month to complete the documents.
I realized that if I start to do it after I got back to Japan, I have to stay a hotel quite a long time.
So I decided without looking at the property.
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


かなり有名なアパートでかなり大きなところ。

礼金や敷金がいらないのをずっと探していたので、

やっと見つけた物件だった。

ロケーションがいいわりには、

家賃は、ほかに比べて安い。

もう、3か月も、オンラインで、

調べていたので、

直観的にここしかないなという感じだった。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
I was looking for an apartment which doesn't have any deposit system.
I've been looking for a property for 3 months and finally I got it yesterday which I really wanted to get in.
The location is great and the rent is lower than other.
So I felt kind of sixth sense.
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

しかし、

世の中そんなに甘くはない。

保証人は、3親等で、

収入が安定していると、

審査にとおりやすいという。

私の年齢で、

親戚でたのめそうなひとは、

ほとんどが定年で、

収入は年金という状況。

そういうのでは、

審査にパスしない可能性がでてくる。

あーだこーだで、

保証人になってくれるひとを

手にいれることができた。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
I started to exchange emails with the real estate company, he said I need
a guarantor who is kinds of the third degree(3-shinto) and has a job and stable income.
It was really hard because in my age, almost all my relative turns to retirement age and they live with pension. I could get a person who can be a guarantor for me finally though.
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

これでやっと、申し込みができるとおもったら、

今度は、不動産屋さんが

天井には、アスベストが使われていますという。


な、なんですって?

それは、だめだわ。

ということで、

またあーだこーだのすえ、

アスベストではないことが

判明して、

落ち着いた。

ここからやっと、

申し込書の作成開始。

いったいいつ、

アパートで、新生活を始められるかは、不明。

1か月も待てないなー。



--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


I got a guarantor so I thought I could start the application form but the real estimate company confess that asbestoi was used to the ceiling of the bed room.
Asbestos? What?
It is really dangerous material which lots of people sick and die. There are so many cases in Japan.
I thought it is not acceptable.However, finally it was proved that was not asbestos.
and my application form has moved forward today.
I am not sure when I can get in the apartment though. The paper work will take time.
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------





Thursday, June 14, 2018

Al Ain






シェアハウスに住むぞーーと、
ネットであれやこれや、調べ始めているときに、
ここにいる友人から、メッセージが届く。
7月に福岡でしょ?
8月に遊びにいくよー。

ええー、もう来るの?

ということで、
私、シェアハウスだから、
宿泊できないよー
とは、言えず。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Live in a share house!!!
When I was searching through The Internet about share houses, I got a message from my close friend in Al Ain.
"Are you going to start to live in Fukuoka from July, right?

I am visiting you on August?

Are you alright?"

I could not say I am planning to live in a share house.

If I were in  a share house, my friend would not able to stay over there.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


シェアハウスにはいって、
福岡を勉強したあと、
ゆっくり、アパートでもさがすか
などとのんきなことを
考えていた。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
I was thinking about getting into a share house
and searching an apartment little by little.
because I do not know anything about Fukuoka at all.
Even if it is very close to my home village,
I've never lived in Fukuoka.
I've been stayed in Fukuoka as a tourist.
That's it. So I wanted to take time to look for an apartment.
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

シェアハウスだと、
長崎の家族ももちろん来れない。
世界に散らばっているとはいえ、
私の家族も来れない。

ということで、
真面目に、アパートを探すことになった。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Whenever my friend ask me about my life in Fukuoka,
I say you can come  over anytime.
My door is always opened to you.

And of course my family want to come to meet me.

So living in a share house has turned to a dream.
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
友人のメッセージは、
’’あんたねー、
還暦になるというのに、
そんな若者みたいな
ことやめてよ’’
のメッセージが込められていたとみた。

いい考えだとおもったけど、
この年齢では、なかなか難しいと痛感。

人生16回目の引っ越し。

かなり、疲れた。

もう、家具もなにも
買いたくない。

また、いつかどこかに
引っ越ししなければならないという
恐怖感がある。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
In my age,
it sounds stupid that living in a sharehouse.
but I was really serious.
because this is my 16th move
in my life.

I just simply fed up with buying funiture and selling furniture.
I did 16 times.
I could sell them, it would have been great.
We had to give away, donate and dump so many things.
Spend a lot and dump a lot.

It is enough for me.

So I simply thought that if I can live in a share house,
I don't need to buy furniture at all.

I thought what a clever idea!!!
But the reality is harsh.







Wednesday, June 13, 2018

Dubai creek





古いのをひっぱりだしてきたのには、わけがある。
このころ、ほんとに、まじめに描いていたなとおもう。
最近、インスタに前に描いたものをあげるのに、忙しく
あまり、まともに描けてない。





7月から新しい生活を考えているけれど、
どうしても、一人はいやなので、
今、シェアハウスに住むことを考えている。

この年で、まさかの共同生活に挑戦。
実現の可能性は?
もちろん、100%。
思い込みが大切。


---------------------------------------------------------------------------
I'm planning to start a new life in Japan. 
but I don't want to live alone.
So I've been checking ''share house'' in Fukuoka.
Is it possible to start to live with completely strangers?
It would be a challenge.
It must be hard to live somebody whom I never met.
However, I do not want to live alone,I don't want to buy furniture.
So where I can live would be a share house.
The biggest problem would be my age.

I am really positive.
I can start a great life in Japan in a share house.
----------------------------------------------------------------------------

Tuesday, June 12, 2018

Memory of Finland






思い出を作りにも、お金がかかるもの。

WWOFFで、フィンランドにいったことがある。

もう、10年ほど前のこと。
有機農家で働いた分の賃金は、
寝るとこと、
食事で、
支払われる。


これに参加するひとは、
ほとんどが
若いひとで、
わたしたちのように、
50歳をすぎたようなひとが
こういうことに
参加するひとは
あまりいない。
人見知りの娘に
世界は広いのだ、なんてことを
考えていってみた。
_______________________________________

About 10 years ago, I participated WWOFF, Finland.
People who work are young people. Mostly university students.
I just wanted to show the world to my daughter.
I always think just sightseeing is boring. So it would be great to meet lots of people and work toghter and eat together.
_________________________________________________________________________________















今、写真をめくると、
息の飲むような美しい風景であったにもかかわらず、
私は、絵をほとんど描かなかった。
あの頃は、まだ、どうやって描いていいのかわからなかったころ。
こんなん、むずかしくてできないーと、
あきらめていたから。いま、考えたらもったいないと思う。
下手でもいいから、
挑戦すればよかったと思う。
しかし、あの後悔から、
旅行をする旅にすこしずつだけど、
スケッチをするようになった。
テーブルの上ではなく、
そのスポットで完成するのは、
簡単なことではない。
_____________________________________________________________________

Nevertheless, I could have seen breathtaking scenaries, I hardly painted when I was over there.
I regretted a lot later.Why I did not.
I didn't have enough skill to draw and paint at that time, but I should have tried.
I missed the huge opportunities.
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

美しい景色をなんとか紙の上にのこしたいという
熱いおもいがいまひとつなかったのだと思う。

ほんとに、
心の中から湧き出るものがあれば、技術なんて関係ない。
そのスポットで、描き上げたという
事実が自信になっただろうにと、
後悔している。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
So far I've visited nearly 20 countries, and sketched in the spots.
When I turned those sketch books,
I feel like I've done it!!!!
The facts are giving me tremendous confidence.

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------