Saturday, July 21, 2018

Life in Japan

pcがこわれていたのと、ネットのコネクションがなかったのとで、
なかなかブログの更新ができていませんでした。

pcを親戚からもらい、ネットの使えるようになったのですが、
しばらく、ブログは、おやすみさせていただきます。

そのかわり、インスタグラムの1ほうに、midori.yoshinoで
ポストしていますので、そちらのほうを、あけてもらえるとありがたいです。

長い間、ありがとうございました。
また、いつか、ここにもどってこれる日がありますように。

では、日本はとんでもない、災害のあとも、あつい日がつづいています。
ご自愛ください。

My pc broke and there was no Internet
connection. Finally, I got both this week.

However, I would like to stop posting for a while.
Instead of that, I am posting my new life in Japan into Instagram,midori.yoshino.
I hope you will see my work over there. Please try to open it.

I hope I can come back here one day.
Thank you all my viewers.

I appreciate all of you.





Monday, June 25, 2018

Bye bye UAE



うちのバルコニーから見える景色を描きたいとおもっていたけれど、
なかなか見下ろした景色をかけなくて
ためらっていた。
大好きなお掃除のおにいさんをいれて、ここUAE最後の投稿としましょう。
長い間、のぞいてみてくれた方々
ほんとにありがとうございました。

今後は、福岡からの投稿となります。
よろしくお願いいたします。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
I've been hesitagin about how I should paint the scenery which  I can see my balcony.
It was really hard to paint scenery which is spread under my eyes.
I put my favourite motif, worker who clean up the road into this.

Thank you for coming to see my blog long time.
This is the last post in UAE.
I will start from Fukuoka, as soon as possible.
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

UAE 最後の投稿となりました。
18年間お世話になった国を離れます。
いつか、かえってくることがあるかもしれないし
ないかもしれないし。

何かのご縁でしょう。

楽しいことも、
そうでないこともありましたが、
いつも、最後は、いいことしか思い出せないようになっています。

それでないと
次に進めないようになっていると、
本で読んだことがある。

18年分のいろんなものを
ガラクタと、そうでないものに
分けるのは大変な作業でした。

最終的に99%は、がラクダだったということに気づくことに、
なんと3か月も費やしてしまったのです。

一体生きていくうえで
大切なものはなにか。

それは、
洋服でも、
アクセサリーでも
靴でも
バッグでも、
家具でもなく
自分の描いた絵でもなく、

人だった。

ここを去るにあたって、
別れを惜しんでくれるひとが
いたことが
なによりの宝です。

またきっと会おうね。

と、誓いあって、
別れたことが
きっと、
これからの、


わたしの
大切な財産となっていくことでしょう。

人は人によって生かされる。
還暦を迎えるにあたり、
本当に、大切な節目の時となりました。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
It took for about 3 months to separate useless materials and not useless materials, whenn I was tiding up my apartment.
Finally I realized that 99% of my possessions are not important at all.

Cloths,
accessories,
furniture
my paintings.
etc.

I felt that all what I have in my apartment are not desperately important things.

The most important things are people.

People who say  to me " I miss you so much",

"Why are you leaving?"

"Are you coming back?''

I realized I had been living by myself, but it was wrong.

Without these people who are worried about me,

I couldn't survive here.

I really appreciate these people who always support and encourage me.

We are being lived by other.

This is the great opportunity to move to Japan, when I am going to be 60 years old this year.

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------





うちのアパートの前を馬が時どきとおるのが楽しみだった。
もうこれもみることがないとおもうと、
ちょっと寂しい。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Horses are sometimes walking in front of my apartment.

I will never see it again any more.

I am a bit sad.
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

UAE culture






既出のものですが、なつかしくてもう1度.

1匹だけ、ファルコンをこんな感じで何を思って描いたのだろう?

自分で描いたのだけれど、

よくわからなくなる.

いまだったら、

こういう描き方はしないだろうなと思う。

少しずつだけれど、

進化しているとおもっている。



--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
I posted this long time ago though, it brings back memories.
I don't know why I painted only one falcon in the centre of the paper.I know I did it,
but sometimes I feel like why I did it like this?
I will not paint like this,
if I have a chance to do.
I think I am evolivng little by little.
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




夕方、陽が落ちるまえに
キャンバスにアクリルで、
絵をかきはじめてみた。





------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

I set up a canvas and acrylic paints.

Before sunsent I started to paint as a memory of UAE.
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Sunday, June 24, 2018

Toll parking




パーキングが有料になりはじめたのは、ほんの最近のこと。
2000年にここに来て以来、ずっとずっと、
どこにいってもただだった。

2年ほどまえから、
ついに
町のこみあうあたりが
有料になった。
このパーキングのチケットを買うターコイズの棒みたいなのを
どうにかして
絵にしたいとおもっていた。

どこにいっても、
古き良きものが
失われていくのを
とめることはできない。

18年にわたって、
変わりゆくアルアインの町を
みてきた。

税金がつくようになり、
物価はさらに
あがりつづけ、
外国人は、
去り始めている。

でも、まだ、
アブダビ、ドバイに比べたら、
住みやすさは、
各段にいい。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

I used to think how I can paint the turquoise blue parking ticket  machines.


Tradition is being removed everywhere in the world and we can't stop it.


I've seen that this city, Al Ain has been changing for 18 years.

The tax is added this January and we can't ignore the gradual rise in prices.

So expats are little by little started to move to other countries.

However, Al Ain is still better than Abu Dhabi and Dubai.

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



Thursday, June 21, 2018

Al Ain camel racetrack


古いフラッシュドライブを整理していると昔描いたでてきたので、のせておこう。




原画を手放してしまうと、

手元には、写真しかのこらない。

原画のサイズで、

印刷したものをのこしておくことができなかったのは残念。

いまは、原画とほぼ同じ品質で、

プリントできるジークレー印刷というのがあるらしい。


この町には、

そこまでの技術のある印刷屋さんがないのが残念。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
When I was tiding up a flash drive, I found out this painting which I painted long time ago.

Whenever I sell my works, only the photos of painting are left in my pc.
I've heard that these are print which have really high quality.
It looks like a original painting.
There  are no such prints company in Al Ain unfortunately.
I wish I could keep at least a print as a record.
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


Tuesday, June 19, 2018

Jahli Fort



 ジャヒリフォートも、18年見てきた。
もう、描くこともないかもと思う。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
I've been looking at the  Jahli Fort for 18 years.
I will never paint this again.
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

きょうは、UAE のビザのキャンセルのため、町のあるビルにいったかえり、
タクシーにのった。
珍しくブラックの若いおにいさんだった。
男の人には、変だけれど、
きれいで、
清潔感のあるおにいさんで、
どこから、来たのか聞いてみた。

ウガンダからきたという。
この国は、出稼ぎであふれている。

わたしたちも、
その出稼ぎチーム。

おにいさんは、この町で、10日目。
私が、この町で、10日目と言っていたのは、18年まえ。
2000年の夏だった。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
I got a taxi after visting UAE visa cancellation this morning.
The driver was a black guy. Normally taxi dirvers are from Fillipin.
I asked him where he came from.
He is young, beautiful and very \
He said he came from Uganda.
There are lots of people come here to work from abroad.

We are same as him. We came from outside.
Lots of people come and leave.

He said it is the 10th day in Al Ain.
I said same thing 18 years ago.

UAE visa was cancelled today finally.
I am posting my paintings into Instagram every day.
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Monday, June 18, 2018

Saniaya, Al Ain , UAE









出会いがあれば、別れが必ずくる。

永遠は、ない。

後、数日で、

18年間のアラブ首長国連邦との生活は終える。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
If there is a meeting, comes farewell.
The last day in UAE is coming close.
I've been here for 18 years.
My daughter was 5 month old, when we came here and she's turned to 18 years old now.
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

0歳だった、

娘は、18歳になった。


いまは、2年間の高校生活で、ともにすごした

友人との別れがつらくセンチメンタルninatterurasii.

イギリスでの寄宿舎での生活では、

いろいろあったというが、

多分、話してくれたことは、ほんの一部だろうと思う。

あからさまな差別をうけたり、

いろいろなことがあったらしいことはきいた。

日々、

強くなっていると

感心するばかり。



生まれたときにすでに、インターネットがあった彼女らの世代。

知りたいとおもえば、

すぐに何でも、知ることができる時代。

氾濫する情報で、おぼれそうになりながら、

生きていく時代なのだろうと思う。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
She learned a lot in UK not only academic parts, but also society.
She experienced discrimination and so many things. All experiences would not be waste for her future. I think she is getting stronger. She left for UK, when she was 16 years old.
Her further education is not clear yet now, but I think she will open another gate to grow soon by herself.
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------







Saturday, June 16, 2018

Mosque in Al Ain








アパートの契約というものは、大変なもの。

物件を、写真だけで決めた。

というのも、

なんと、申し込んでから、

アパートに入れるまで、

1か月もかかるというので、

帰国してからでは間に合わない。

ということで、

物件を写真だけで、決めた。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
It is not easy to get a contract of an apartment.
I had to decide without looking at the apartment which I wanted to get in.
Because the real estate company said it will take a month to complete the documents.
I realized that if I start to do it after I got back to Japan, I have to stay a hotel quite a long time.
So I decided without looking at the property.
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


かなり有名なアパートでかなり大きなところ。

礼金や敷金がいらないのをずっと探していたので、

やっと見つけた物件だった。

ロケーションがいいわりには、

家賃は、ほかに比べて安い。

もう、3か月も、オンラインで、

調べていたので、

直観的にここしかないなという感じだった。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
I was looking for an apartment which doesn't have any deposit system.
I've been looking for a property for 3 months and finally I got it yesterday which I really wanted to get in.
The location is great and the rent is lower than other.
So I felt kind of sixth sense.
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

しかし、

世の中そんなに甘くはない。

保証人は、3親等で、

収入が安定していると、

審査にとおりやすいという。

私の年齢で、

親戚でたのめそうなひとは、

ほとんどが定年で、

収入は年金という状況。

そういうのでは、

審査にパスしない可能性がでてくる。

あーだこーだで、

保証人になってくれるひとを

手にいれることができた。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
I started to exchange emails with the real estate company, he said I need
a guarantor who is kinds of the third degree(3-shinto) and has a job and stable income.
It was really hard because in my age, almost all my relative turns to retirement age and they live with pension. I could get a person who can be a guarantor for me finally though.
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

これでやっと、申し込みができるとおもったら、

今度は、不動産屋さんが

天井には、アスベストが使われていますという。


な、なんですって?

それは、だめだわ。

ということで、

またあーだこーだのすえ、

アスベストではないことが

判明して、

落ち着いた。

ここからやっと、

申し込書の作成開始。

いったいいつ、

アパートで、新生活を始められるかは、不明。

1か月も待てないなー。



--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


I got a guarantor so I thought I could start the application form but the real estimate company confess that asbestoi was used to the ceiling of the bed room.
Asbestos? What?
It is really dangerous material which lots of people sick and die. There are so many cases in Japan.
I thought it is not acceptable.However, finally it was proved that was not asbestos.
and my application form has moved forward today.
I am not sure when I can get in the apartment though. The paper work will take time.
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------





Thursday, June 14, 2018

Al Ain






シェアハウスに住むぞーーと、
ネットであれやこれや、調べ始めているときに、
ここにいる友人から、メッセージが届く。
7月に福岡でしょ?
8月に遊びにいくよー。

ええー、もう来るの?

ということで、
私、シェアハウスだから、
宿泊できないよー
とは、言えず。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Live in a share house!!!
When I was searching through The Internet about share houses, I got a message from my close friend in Al Ain.
"Are you going to start to live in Fukuoka from July, right?

I am visiting you on August?

Are you alright?"

I could not say I am planning to live in a share house.

If I were in  a share house, my friend would not able to stay over there.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


シェアハウスにはいって、
福岡を勉強したあと、
ゆっくり、アパートでもさがすか
などとのんきなことを
考えていた。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
I was thinking about getting into a share house
and searching an apartment little by little.
because I do not know anything about Fukuoka at all.
Even if it is very close to my home village,
I've never lived in Fukuoka.
I've been stayed in Fukuoka as a tourist.
That's it. So I wanted to take time to look for an apartment.
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

シェアハウスだと、
長崎の家族ももちろん来れない。
世界に散らばっているとはいえ、
私の家族も来れない。

ということで、
真面目に、アパートを探すことになった。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Whenever my friend ask me about my life in Fukuoka,
I say you can come  over anytime.
My door is always opened to you.

And of course my family want to come to meet me.

So living in a share house has turned to a dream.
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
友人のメッセージは、
’’あんたねー、
還暦になるというのに、
そんな若者みたいな
ことやめてよ’’
のメッセージが込められていたとみた。

いい考えだとおもったけど、
この年齢では、なかなか難しいと痛感。

人生16回目の引っ越し。

かなり、疲れた。

もう、家具もなにも
買いたくない。

また、いつかどこかに
引っ越ししなければならないという
恐怖感がある。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
In my age,
it sounds stupid that living in a sharehouse.
but I was really serious.
because this is my 16th move
in my life.

I just simply fed up with buying funiture and selling furniture.
I did 16 times.
I could sell them, it would have been great.
We had to give away, donate and dump so many things.
Spend a lot and dump a lot.

It is enough for me.

So I simply thought that if I can live in a share house,
I don't need to buy furniture at all.

I thought what a clever idea!!!
But the reality is harsh.







Wednesday, June 13, 2018

Dubai creek





古いのをひっぱりだしてきたのには、わけがある。
このころ、ほんとに、まじめに描いていたなとおもう。
最近、インスタに前に描いたものをあげるのに、忙しく
あまり、まともに描けてない。





7月から新しい生活を考えているけれど、
どうしても、一人はいやなので、
今、シェアハウスに住むことを考えている。

この年で、まさかの共同生活に挑戦。
実現の可能性は?
もちろん、100%。
思い込みが大切。


---------------------------------------------------------------------------
I'm planning to start a new life in Japan. 
but I don't want to live alone.
So I've been checking ''share house'' in Fukuoka.
Is it possible to start to live with completely strangers?
It would be a challenge.
It must be hard to live somebody whom I never met.
However, I do not want to live alone,I don't want to buy furniture.
So where I can live would be a share house.
The biggest problem would be my age.

I am really positive.
I can start a great life in Japan in a share house.
----------------------------------------------------------------------------

Tuesday, June 12, 2018

Memory of Finland






思い出を作りにも、お金がかかるもの。

WWOFFで、フィンランドにいったことがある。

もう、10年ほど前のこと。
有機農家で働いた分の賃金は、
寝るとこと、
食事で、
支払われる。


これに参加するひとは、
ほとんどが
若いひとで、
わたしたちのように、
50歳をすぎたようなひとが
こういうことに
参加するひとは
あまりいない。
人見知りの娘に
世界は広いのだ、なんてことを
考えていってみた。
_______________________________________

About 10 years ago, I participated WWOFF, Finland.
People who work are young people. Mostly university students.
I just wanted to show the world to my daughter.
I always think just sightseeing is boring. So it would be great to meet lots of people and work toghter and eat together.
_________________________________________________________________________________















今、写真をめくると、
息の飲むような美しい風景であったにもかかわらず、
私は、絵をほとんど描かなかった。
あの頃は、まだ、どうやって描いていいのかわからなかったころ。
こんなん、むずかしくてできないーと、
あきらめていたから。いま、考えたらもったいないと思う。
下手でもいいから、
挑戦すればよかったと思う。
しかし、あの後悔から、
旅行をする旅にすこしずつだけど、
スケッチをするようになった。
テーブルの上ではなく、
そのスポットで完成するのは、
簡単なことではない。
_____________________________________________________________________

Nevertheless, I could have seen breathtaking scenaries, I hardly painted when I was over there.
I regretted a lot later.Why I did not.
I didn't have enough skill to draw and paint at that time, but I should have tried.
I missed the huge opportunities.
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

美しい景色をなんとか紙の上にのこしたいという
熱いおもいがいまひとつなかったのだと思う。

ほんとに、
心の中から湧き出るものがあれば、技術なんて関係ない。
そのスポットで、描き上げたという
事実が自信になっただろうにと、
後悔している。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
So far I've visited nearly 20 countries, and sketched in the spots.
When I turned those sketch books,
I feel like I've done it!!!!
The facts are giving me tremendous confidence.

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Sunday, June 10, 2018

Chasing my dream

何年も前に描いたこの絵。
赤いのは、
工事中のモスクの屋根。
いつ完成するのだろうといつも
見ていた。

ある日、完成の日の目をみることなく
解体がはじまった。
________________________________________

I painted this a couple of years ago.
The red part was a roof of mosque.
Whenever I drive this street, I used to think when was it supposed to be completed?
Unfortunately, one day it started to be demolished.


_______________________________________________________________________________




完成したモスクをいれた
新しい絵は夢となった。

資金不足で、工事続行とならなかったのか

___________________________________________________
It turns to be a dream to paint with the mosque which has completed nicely.
I have no idea why the construction had stopped and finally faced demolition.
There was no money left?
It must have been fairly costly to demolish it, too._________________________________________________________________________

理由はわからない。

解体にも、相当な費用がかかるはず

この通りにくるたびに
おもう。

人の人生に似ているなと。

自分だけは、
この解体されたモスクのようにはならないでおこうと決めた。
___________________________________________________
It looks like people's lives.
I decided that I don't want to be like this mosque which was demolished.
I wrote down my dream on a paper.
I never done it before.I feel like one step forward toward my dream by writing my dream on a piece of paper.
___________________________________________________



Saturday, June 9, 2018

Meeting


好きなことを通して知り合いができるということは、
なかなか楽しいもの。
きょうは、わざわざアブダビから、
やってきたひとがいて、
楽しい時間を過ごした。
SNSをやっていなければ、
こういうことはおこらないわけだから、
テクノロジーには、
ほんとに、
感謝する毎日。
_______________________________________________________________________
It is so much fun to meet somebody who has a same taste.
A lady who lives in AbuDhabi came here today.
We had a great time.
I appriciate SNS so mcuh.
We will not be able to meet without it.
_________________________________________________________________________
ここUAEでの生活も
数えるほどになってきました。
すっかり、がらんとした
リビングです。
_______________________________________________________________________
I can see the last day in UAE.
We sold more than half of furniture, so our living room has turned to  be  very spacious.


Thursday, June 7, 2018

people who work for flowers




アルアインは、ドバイ、アブダビン比べて
断然、緑が多い。

花を季節ごとに植え替えるというのは、
この町のサイズdakaradekirukoto。

ドバイ、アブダビはおおきすぎる。

ここに住めたことは、ほんとに幸運だった。


________________________________________________
Al Ain is called ''Garden city''. Full of green compared with Dubai , Adu Dhabi.
People who work for this city are wearing orange or green uniform.
I am very lucky to live here.
__________________________________________________


ずっと前にもらっていた
インドの会社のハンドメイドの水彩紙をつかってみた。
かなりラフでドライなので使いにくいとおもっていたけれど、
ちょっとおもしろいなとおもえてきた。

__________________________
I got super rough hand made paper which were produced in India.
I'd thought it was too rough but I've come to like to it.
__________________________

Pc がバイラスにやられて、
修理中でやっとかえってきました・
また
日記替わりのブログ投稿スタートします。
_________________________
My pc was influenced by virus.It came back last night finally.
I am going go start to post again.
___________________________________________________

アルアインは、今日は、47度まで上がるらしい。
マー普通ですが。
________________________
It is supposed to be 47 Celsius today.
It is very normal though.
________________________________________________

では、また、明日。

よい1日を。

Monday, June 4, 2018

Al Ain Zoo








やる気が出ないときは、遊ぶ。


今日は、前にアクリルで描いたライオンの上に、

たらーりと、艶出しを落としてみた。

残念ながら、

写真では、ニスを落とそうが落とすまいが

かわりはないけれど、

自分で満足することが、

まず大切。

When I don't want to paint seriously, I just play with something.I picked up this painting which I painted with acrylic long time
 ago, and drop varnish on it. It is not clear whether it is covered by varnish or not, but it doesn't matter.
I think normally watercolour paintings are not covered by varnish.
So I would like to try something completely difference which I do everyday.Some watercolourist use varnish on their paintings but I think it is very rare.









Saturday, June 2, 2018

Singer



It was the last lesson today with Alya chan who loves Kpop.
Actually I don't know anybody in kpop, so she showed me their shows in stages. They are so cool. They sing their language, English and Japanese. 
I was really amazed.

All boys look like girls for me actually.
It looks like a fashion trend.
I don`t know anything about entertainment world in Korean ,Japan
and other countries as well.
I have to study from now.

--------------------------------------------------------------------------

I went to a Highper mart which is located near our apartment.
I just wanted to buy an electric bulb. 
I looked around the highper mart.
Full of products.
Everything are so nice.
However, I don`t need to buy anything.

Since I know Jose Mujica;The world`s poorest president.
I am very impressed with  his concept,``what does ``poor`` mean``.

I`m alwasy thinking about where and what  I  should put a value.
Jose Mujica has taught me about it to me.

電球を買いに近くの
ハイパーマートに行く。
いつもの店。

今夜は特に、歩きながら考えた。
私の必要としているものは、ほとんどない。
積み上げられた商品の山がむなしくみえた。
このアンフェアはなんだろうと。
世界のあちこちで、
貧困に苦しむひとたちがいるというのに、
この異常な豊かさはなんなのだろうとおもってしまう。

わたしは、いま、18年間にわたって、
手にいれたものをすべて
処分しようとしている。

別れがたいものもある。
しかし、ほとんどのものが
なくてもいいものだった。

どこに価値を置くか。
何に価値を置くか。

今、真剣に考えるときがやってきた。





Friday, June 1, 2018

Al Ain




This pc is still not working properly.

So it is really iritating.
So I can't post new painting today.





Tonight, my husband cooked dinner.

It was a Mexican cuisine.

Normally mango is used for salsa,
but he used strawberry.
I had to put labaneh, strawberry salsa, fish and avocado on a flat bread and roll them.

It was really weird to eat strawberry and fish together.

 My husband loves cooking,so I appreciate him so much. However, he sometimes does a bit weird dish.

If he can cook Japanese food, it would be great though.


Thursday, May 31, 2018

coffee painting


Pc is not working properly.
I have to take my pc to a shop.
I hope I can properly post it from next week.

Tuesday, May 29, 2018

Al Ain Mall





                                   Al Ain Mall falcon stature.
I'm picking up my favourite paintings these days. This is one of them. 
私のお気に入りを、最近のせてます。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------









My husband suddenly repeated same word,"Amazing, amazing,
amazing...." last night.

He read the Japanese news which somebody had posted into Facebook.


Okayama, in Japan. One of bus company workers tried to strike.

Normally, workers don't work as a strike, however what this bus company's worker did was totally different from other.



I am very proud of them as a Japanese. How clever they are!!!




家人が日本人は、すごい、日本人はほんとにすごいと繰り返す。なんだ、なんだときくと、

なんと、岡山で、バスの運転手さんたちのストライキのしかたが、すごいという。どうも、Facebookで、見つけたらしい。

お客さんから、料金を取らないという、ストライキの仕方。
やはり、日本人って半端じゃなく賢い。
バスを運行しないという
いつもの、ストライキではない、新しい形。

オーストラリアでは、よくあるらしいとのこと。
インドのストライキは、車を燃やし、人が命まで落とす。
フランス人、みならうべきだと、結ばれている。

岡山のお客さんに、迷惑をかけないどころか、
ただにして、喜ばれるストライキ。
世界中にまねしてほしい。
ストライキのときでさえ、
ひとのことをおもいやる。
学ぶものが多い。



--------------------------------------------------------------------------------

母への絵手紙

今日の、郵便局は、混んでいた。
4,008番?
これは、かなり待たされるとおもって、スケッチブックをとりだして、呼ばれるまで、スケッチでもするかとおもっっていたら、すぐに、
呼ばれた。
昨日は、これを送った。

名画が着々と、母のところに届いている。
自分で、名画とおもってないとだれもおもってくれないので。

ここ、アラブ首長国連邦は、なかなかいろんなところが’緩くて面白い。
ここで、母に送る絵手紙の切手をかうと、
日本円にして、95円くらいとられたが、
街はずれの郵便局では、85円ほど。

10円高いよ、と文句をいうと、
そんなことはない、前は、85円だったけど、
今は、税金のってるからという。

街はずれの郵便局では、85円だけどというと、窓口のひとが、それは、税金付け忘れてるわーと、のんきに言う。

ここのそういうのんきなところがいい。


Monday, May 28, 2018

Al Ain camel race track









This morning, I went to Al Ain Camel race track.
It is the best place to me to relax.
I had an another purpose to go there this morning.
I wanted to take some photos with my car and camels together.
because I have to say good bye to my car soon.
He's worked hard without having any troubles. 
I bought this Mitsubishi Pajero about 10 years ago from my friend.
Everybody says Japanese cars are reliable.
He proved it exactly.
He run 244,550km.
Japanese friends often say ''What? More than 244,000km?"
In UAE, it is not rare at all, because it is 140km between Al Ain and Dubai. It turns to 280km in go and return easily.

So it is really hard to live without cars in UAE. 
I'v been using him almost everyday, so I feel like he is my part of my body.
It is really hard to say good bye to him.Whenever I go to our parking, he wait me quietly and courteously.
The last day is getting closer, I feel so sad. I sometimes cry.
I am sure he would be loved by a new owner as well.








ついに、別れの時がくる。

毎日、私の足となってがんばってくれた。

友人から、10年ほど前に買い求めた。

道の真ん中で、壊れるようなこともなく

ひたすら走ってくれた。

244,550km。

日本では、ここまで、走る人はいないらしい。

ここでは、こういうのは、めずらしくはない。

アルアイン、ドバイ間、140キロを往復すれば、
280キロ。

通勤している人でさえいる。

やっぱ、日本車よね。と思う。

知り合いは、外車を買って、修理のための部品に
かなりの出費をしたと嘆いていた。

だから、10年前にこの車の売るという友人の広告を見たとき、即決した自分が自慢。




The camel race track is men's world.
So I should be moderate, so I put black this morning, but it was bad choice. They are much more attractive color.It looks like I'm on the way to somebody's funeral. Since I didn't want to disturb camels and their training, so I just stayed there only for 15 minutes.

Saturday, May 26, 2018

Al Ain

 
出かける途中にいいなとおもったところで、
車をとめて、スケッチをする。

写真を撮るのをよく忘れてしまって、
家で
鉛筆のスケッチから、
描き起こす。写真がないので、
詳細は記憶だけ。

その方が自然な気がする。

Whenever I drive in Al Ain,

and I find a nice spot,

I park my car and sketch it quickly by pensil.

I always forget take photo,

so I paint them through my veaue  momories.
I love Instagram these days.
We can get so many connections through it.
I've connected with''Shichiya" this morning.

No idea why the pawnshop(しちや)found out my account.
There is no common between watercolour painting and pawnshop I think.
There are so many jewelries which somebody sold and same time
I am amazed to know other people's businesses as well.


Al Ain is getting hot.Finally we need air -conditioner.
Thank you for coming to see my works.

Have a great days.

Laugh more





毎週、土曜は、アリアちゃんのレッスンの日。
K-popの大ファンで、毎週、その中でお気に入りのスターの絵を描く。
もう、すごいやる気満々で、みていても、きもちいい。
韓国人の人たちの、肌は、尋常じゃなくきれいで、
赤ちゃんのような肌。
なのですごくむずかしい。
 Every Saturday, Alya chan comes for an art lesson.
She loves to paint stars of K-pop.
She has always huge motivation to paint, so I feel like I am getting energy from her.
Korean people have fair skin like babies, so it is really difficult to paint.





今日は、隣の芝生は青い?

自分がすでにもっているものに、
感謝の気持ちを持ち始めるまで、
隣の芝生は青い。
つぎにほしいと思う、強い願望が
社会的地位や物であるなら、決して、幸せにはなれない.

自分のいま、もっているものに感謝をしよう。
わかってはいるが、
もう少し目が大きいほうがいいだとか、この辺がこうだったらとか、
なかなか、今のままの自分に満足なんてできっこない。
あ、芝生が青いというのは、そういう意味ではなかったかも。


The grass is always greener on the other side- until you start to appreciate what you've already got,that is. Longing for the next big thing, whether it's status or material possessions, only makes you unhappy and restless.

Friday, May 25, 2018

From the sea







一応、結婚記念日ということで

ワインで一応お祝いらしきものをする。

老後は、日本で。

そういう計画をたてていた。

しかし、昨夜, 家人は、ほんとのところを話しはじめた。

世界は広い。

まだ、いろんな国を見てみたい。

そして、死ぬまで、働いていたい。

自分の知識と経験が、誰かの役にたつのであれば。

家人は、どこかまた、新しい国をめざしているらしい。

私は、今、何も考えられない。
おいしいラーメンを満喫してから、
これからのことを考えよう。

Anyway,it was our marriage anniversary last night.
We celebrated with white wine.

We've been planning to settle down in Japan.
However, he explained about what he actually wants to do.

The world is wide.
I would like to see various countries which I haven't visit.

And I would like to work until die.

If I can use my knowledge and experience.


He is going to go somewhere which he never been before.

Me?

I can't think anything now.
What I can think now is I want to enjoy yummy ''Ra-men".
And I will think and then about my future.

Thursday, May 24, 2018

絵手紙




きょうは、結婚記念日。
あれは、1995年、大阪。
全くのあかの他人が、突然、いっしょに生活を始めて、大体がうまくいくはずがないとずっと若いころからおもってきたので、うまくいった瞬間に喜ぶというふうにやってきた。


記念日を、祝うということもあまりしなくなった。
誕生日も、娘がイギリスから帰ってきてからいっしょにしようということで、
なんやかんやの言い訳をつけて、二人だけでの祝い事は減っていく。

今回は、家人は、今日の記念日をすっかり忘れているらしい。
私は、2日前に偶然思い出した程度。
こうして、第2の人生のスタートを切ったあの日のことは、
忘れ去られていき、写真をみることもなくなる。

人間、成長していくとともに、老化もしていく。
いろんなことがフェイドアウトしていく。

それでいいのだと思う。


Tuesday, May 22, 2018

Garden city, Al Ain





     お兄さんたちが、懸命に、きれいにしてくれるおかげで、
この町は、ほんとにきれいだとおもう。
ほとんど、ごみをみることはない。

イギリスにいったときに、木にスーパーの買い物袋があちこち、ひっかかっていて、
興覚めしたことがあった。ああいう風景は、まずここではない。

ほんとに、感謝。
炎天下、50度の中ででも、仕事の手をとめることはない。
私たちは、エアコンのなかで、ブログにぱちぱちしていて、
申し訳ない気持ちになる。










10年ほど、探し続けたものがやっとでてきた。
ほとんどあきらめかけていた。

それがこれ。




車を買ったときに、鍵は、二つあったはず。
いつの間にか消えてしまった。
鍵を注文すると、
かなりの値段なので、ずっと、ためらっていた。
もし、私が唯一持っている車のカギをなくした場合に
完全に車にのれなくなってしまうというリスクと
背中合わせだった。
車のカギなんて、そんな大事なものを
なくした自分に
すっかり落ち込んだりした。

しかし、鍵の出どこがすごい。
毎週少なくとも3回は使うレッスン用のバッグの中のポケットの中のポケット。
なんと、ポケットの中に、ポケットがあった。
車のカギなんて、結構重たいものなのに、
なんできづかなかったのだろう。
ミステリー小説にでてきそうな、
ポケットの中のポケットの存在が、なんだか、
クローゼットの中にはいっていくと、
違う世界がひろがっていたというあの、
映画のような不思議な感じ。

まーとにかく、今日は、いい日になりそう。

Monday, May 21, 2018

Japan 3








copyrightにひっかかっているということで、
今朝、インスタグラムに
いれたこのビデオは、ブロックがかかった。
ドローイングのほうは、ずいぶん前に練習で、本から、描いてみたもの。レッスンのときに、サンプルでみせるのによく使った。もちろん、私の写真から起こしたものではないので、売り物にはならない。
ビデオにも、このドローイングだけではなくて、
私の、水彩をくっつけたので、コピーライトには、引っかからないとのんきに考えていた。ここUAEでは、かなりコピーライトにあまいところがあり、わたしも、ここに、18年。ちょっと、油断してしまったと、猛反省している。

ここでは、ネットでみつけたここの王族の方々の絵を描いて
展示会で堂々と売られている。この国作り上げたとされるザイード氏は、もう亡くなっているので、
今出回っている絵はほとんど、ネットからの写真をつかったものばかり。そのあたりは、ほかの国ではどうなのだろう。



もちろん、スケッチもするが、写真から起こすこともよくある。写真もできるだけ、自分で撮った写真を使う。
この着物の絵は、残念ながら、目の前にモデルがいないので
写真を借りている。着物のしわの寄り方とか、袖の流れ方とか、絵になる写真を探しているときに、すでに、どういう風に描こうかなというのは、頭のなかにできあがってくる。
絵の上達は、絵を描くだけではないとおもっている。
いい写真を見ることも、目の訓練になる。
見た写真のすべてを模写する必要はなくて、
頭の中に、美しいものをため込んでおくことが大切なのだとおもっている。
激しい老化の波のなかで、どれほど、ため込んでおけるかは、問題。







Bright future






誰にでも、与えるものはある。
笑顔を与える、笑いを与える。
求める活動から、与える活動へ転換をはかろう。


Everybody has something which they can give.

We can give smiles and laughter. We can make things that are beautiful and touch people's lives. 

We should change from demanding things to  giving things.





自分の持ち物が減っていくたびに、
自由になっていくのがわかる。

これから、私の人生で、14回目の引っ越しが来ます。
あ、間違い、16回目でした。もう、10回超えると
わけがわからんなくなります。

Sunday, May 20, 2018

Dancing in water



なんやかやと、倉庫からでてきます。
まじめに取り組んでたなー。


Facebookは、最近全然つかってなくて、インスタグラムを使っている。
インスタグラムは、自分のすきな分野の人たちとつながることができるし、みたくない広告もみなくていいので、すごく便利なことに、今きがついた。
昨日、Facebook からのメッセージで、”You owe us $15.98"
どうも、わたしは、Facebookに借金があるらしい。
しかし、なにもしてないのにおかしいので、友人にきいたら、
多分、詐欺ではないかとのこと。
$15くらいの小さなお金で、銀行の詳細とかをききだして、
すべての個人情報を手にいれてしまって、
ある日気が付いたら、銀行の口座がゼロになっていたというもの。
怖い怖い。
なんでもかんでも、カードや、オンラインの時代。
そこに、漬け込む、詐欺の手口はすごい。
このリンクから、入ってください。
みたいな、添え書きがあったら、
まず、そのリンクをクリックしないこと。

便利な裏には、なにかしら、
ややこしいものがくっついてきます。
気をつけないと。



Friday, May 18, 2018

Japan 2





その人の良いところを好きかどうかではなく
その人の悪いところを許せるかどうか

価値観が同じかどうかではなく
違う価値観を尊重できるかどうか

。。。。。。。。

19歳年の違う旦那さんを持つ友人は、
突然失業した旦那さんの毎日の生活に
失望している。
彼女は、今、大學で働いていて、
100%、大黒柱。
だんなさんは、1日中テレビをみて
動かない。
共働きだったころは、
二人の子供を育てる戦友みたいで、楽しかったという。

そういう彼を受け入れられないという。
そう、許せない。

別れることを考える。

しかし、こどもから、父親を奪う権利はわたしにはないと、
彼女はいう。
年を重ねていくごとに、どこの家庭も、いろいろな問題をか抱えていく。
どこまで、許せるのか。
どこまで、違う価値観を尊重できるのか。







永遠の課題でございます。

Sanaiya, Al Ain




 


新しい生徒さんのご夫婦は、南アフリカからきたひとたち。
レッスンの最初は、
葉書きサイスのものを、3枚。

花と、リンゴと、サクランボ。
サクランボの時に、
奥さんのほうが、
桜といえば、日本なんだけど、
なぜ、サクランボが日本にはないの?

という質問に、答えることができなかった。
私が、日本にいるときに、
サクランボが木になっているところをみたことがなかったから。私も、同じようなことを思ったことがあったけれど、調べる機会がないまま、すごしていた。
ということで、ネットのお世話になることにし、
帰ってから、Yahoo知恵袋で調べてみた。




桜の木と、サクランボの木は基本的に違うと、理解してよいのかな。しかし、桜のあとで、どこもかしこも、サクランボになると素敵だろうになーと思う。イギリスでは、道のその辺に、サクランボがなっていて、歩いているときに、取ってたべていた。お店に並んでいるものより、小粒だけれど、味はすこぶるよかった記憶がある。









Wednesday, May 16, 2018

Japan







母に送る絵手紙を送る前に、インスタにいれはじめたら、これが、結構面白い。
誰も、私の作品を”名画”と呼んでくれるひとがいないので、(マーいるわけないのだけれど)、自分で名画だと、自己申告。誰も傷つけていないので、よしとしよう,とはいえ、ナルシストも甚だしいと思われるだろうけれど、自分で自分の作品を言いと思っていないと、ほかの人もおもわないわけで。
 
If somebody is interested in it, open Instagram, Midori Yoshino.
You can see the process how I paint  them.


明日から、ラマダンが始まるので、カフェでお茶ができなくなる。
1か月間、太陽が出ている限り、飲み食いを公の場ですることはできない。
きょうは、この町に住む日本人があつまって、情報交換の日となった。
ラマダンが明け次第、夏休みの長期休暇で、みんな、ちらばってしまう。

タイ、ベトナムに行く人、イタリアへ行く人。カナダにいくひともいる。
私は、まー素敵だわねーといいながら、なぜか、頭の中に、屋久杉がでてきた。
まったく、なんの結びつ気もないので不思議。
樹齢1,000年の屋久杉は、特別天然記念物。
行ったこともないし、特別に行きたいともおもったことがなかった。
標高の高いところに生えているので、
かなり歩かないと見ることはできない。
なぜだろう、姉と一緒に、屋久杉を見ている自分が、頭の中にぽっとでてきた。
1,000年の木の中に、エネルギーをくれる魂がやどっているという話をきいたことがある。
多分、私はその、エネルギーを感じたいなと思っているのか。
どっちかといえば、温泉のほうが、好きだけど。

屋久島行き、正夢になるかな。

Tuesday, May 15, 2018

過去が見える。





2週間前に、韓国人のスターの絵をアリヤちゃんのレッスンで描いていたが、
どうして、仕上げたものかと、かなり、苦闘。
200gの紙で、水をつかいすぎて、
波うってきてしまい、使いづらい。
水彩色鉛筆のオレンジでスタートして、
黄色の絵の具を落とす。
その後、ネイビーだの、紫だのおとしてみた。



Love conquers all things 
except poverty and toothache.

愛があれば、たいていのことは
乗り越えられる。
だが、貧乏と、歯痛だけは無理だ。

Mae West

最近、友人との話題は、
老後の生活のことばかり。
ちゃんと蓄えはあるのかとか、
今から、アパートを買うべきだろうかとか、
賃貸でいいんじゃない?とか。
日本からずっと離れてこんなところで、
たらたらと、暮らしていると、
日本の良さがしみじみとおもいだされてきたりする。



ずっと、外を歩けない生活を、18年もしていると、
風で、ざわめく森の音が恋しくなったり、
川で水の音だとか、虫の音だとかが懐かしくおもいだされたりするものだ。
そう、ここでは、暑すぎるので、歩くひとがまれ。なので町が歩行者を優先した形でつくられていないというのは、非常に残念なこと。人間を身近になかなか、感じるということができない。
どこにいっても、いいところとそうでもないところがある。

8年間のUAEでの生活のなかで、
もう、あたらしいものをみつけられなくなっていることに気がつく。否定的に考えているわけではない。
私は、結構どこでもそれなりに生きていける人なのだ。
きっと、毎日たらたらと、新しい絵でも描いて何か、新しいものをつくりださなければ、という動機になっているのは
ここの環境のせいなのだろうとおもったりする。

ということは、ここの環境に感謝せねば。ね。




tomorrow


You don't stop laughing
because you grow old.
You grow old
when you stop laughing.



どうしても、捨てられない、耳の取れたウサギ。